マニアックターゲット【貝】

マニマニVol.2 「貝」

発刊日:2016年2月10日
価格:380円(税別)

キミはスケーリーフットを知っているかね?和名はウロコフネタマガイ。
鉄の鱗をもつ不思議な深海の貝。
そんなマニアック貝の研究者で貝コレクターのチェンさん。
スケーリーフットについてとコレクションしている貝について教えてもらいました。

▼オンラインショップではいつでもお買い求め頂けます。

あなたはどこまで貝について知っていますか?
巻貝、二枚貝…。実は貝は?種類あるんです。
チェンさんが貝についてだけでなく、貝コレクターの歴史や逸話も教えてくれました。

貝をコレクションする指標となっているのがピーター・ダンス50選。
タカラガイの指標となる「世界三名宝」「日本三名宝」。
検索しても中々出てこないこのダンス50選を、私がこの本にまとめておきましたよ。
(チェンさんありがとうございます…)

日本一の飼育種類数に加え、日本一の貝コレクターの方から譲り受けたコレクションがある鳥羽水族館さん。
そんなすごい水族館には、やはりすごい過去がありました。

貝マニア(狂)のチェンさんが選ぶ貝30選。
さすがのチェンさん。
ただ高価な貝を選んだわけではありません。
その貝の歴史や逸話、生体などバランス良く紹介しています。
そして何よりチェンさんの貝へのコメントが面白い!
貝について素人でも楽しめる、是非読んでいただきたい内容です。

謎多き深海の貝「スケーリーフット」。
「鉄を作る貝」は有名ですが、それ以外は全然知りません…。
スケーリーフットを研究をしているチェンさんに「スケーリーフット」とは何か?を教えていただきました。

深海生物やスケーリーフットを作品として生み出すアーティスト「深海マザー」さん。
グッズを探しに軽い気持ちでやって来たこの場所はだいぶマニアックな世界でした…。
スケーリーフットの(マニアックな)新作アイテムも登場します。

そうだ、ビーチコーミングに行こう!
ビーチコーミングとは海岸で行う宝探し。
今回は本州最東端の地で貝の採取を行いました。
さらにヒザラガイの保存処理にも挑戦!

前回に引き続きカメラマン渡辺 委とモデル柳瀬 夏生のポートレイト写真。
ええ。前回の「ふくろう」と違い「貝」のポートレイトはとても難しかったです。
一体どんな写真になったのか…、その目でお確かめください!



購入方法(マニマニは書店などではお買い求めいただけません)

【Vol.2】
・「鳥羽水族館」(オンラインショップも可)詳しくはこちら
・「国立科学博物館ミュージアムショップ」詳しくはこちら
・「池袋 ジュンク堂書店本店 7階」詳しくはこちら
・「神保町 鳥海書房さま」(神田古書センター3階)詳しくはこちら
・「神保町 薫風花乃堂さま」(神田古書センター5階)詳しくはこちら

▼オンラインショップではいつでもお買い求め頂けます。

※オンラインショップでは送料(1冊の場合は210円)がかかります。

シェアをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加