マニアックターゲット【海洋研究・深海生物】

マニマニVol.3 「海洋研究・深海生物」

発刊日:2016年6月20日
価格:380円(税別)

深海…、それは地球最後のフロンティア…。
その未開の地を調べることで何が分かるのでしょうか?
そしてその地で生きる生き物たちとは…?
JAMSTECで使用している研究船や探査機の紹介とともに深海研究について教えてもらいました。
今回は本編(※一部を除く)に「ふりがな」がありますのでお子さんも楽しめます!(内容は濃いです。)

▼オンラインショップではいつでもお買い求め頂けます。

深海生物を発見するだけが海洋研究ではありません。
海底に眠る資源の調査、地質・プレートの調査、そして防災。
これまで知らなかったJAMSTECの研究についてご紹介します。

変わった種類が多い深海生物ですが、ゴエモンコシオリエビはどんな特徴があるのでしょうか?
深海でどんな生活をしているのか?胸に生やした毛の意味とは?
ゴエモンコシオリエビを研究している和辻さんに、その秘密を教えていただきました。

深海調査と言えば「しんかい6500」ですが、その他の研究船や探査機はどのようなものなのでしょうか?
そして新しく出来た「かいめい」とは?
今回は研究者の方がどのように船で生活をしているのかもチェンさんに教えていただきました。
「しんかい6500」に乗るときは、ある儀式があるらしい…。

過酷な環境の深海の世界、熱水噴出孔や鯨骨には生き物たちが集まってきます。
鯨骨に集まる生き物たちはどのような生活をしているのでしょうか?
そこには時間をかけた物語が存在した…?

5月に行われたJAMSTEC一般公開。
出来たばかりの研究船「かいめい」にも乗ることができました
今回は柳瀬夏生さんがレポーターとして一般公開に潜入!
1日では回りきれないほど内容の詰まったJAMSTECの一般公開をご紹介します。

ゴエモンコシオリエビについて教えいてただいた和辻さんに、その他の深海生物についても教えていただきました。
身近な深海魚や深海生物の育て方…?寿命まで知ってそうで知らなかった深海生物情報が満載です!

身近にも深海生物が!?水族館で出会える深海生物をご紹介します。
今回は深海生物の擬人化キャラクターの製作や、水族館での写真紹介などをされている 「人潟るけ」さんのご協力のもと水族館をご紹介します!

日本近海に生息している海洋生物。なんと全海洋生物の13.5%もいるそうです。
そこにはどんな変わった生物たちがいるのでしょうか?
種の割合とともに、ピックアップした深海生物をご紹介します。



購入方法(マニマニは書店などではお買い求めいただけません)

【Vol.3】
・「国立科学博物館ミュージアムショップ」詳しくはこちら
・「池袋 ジュンク堂書店本店 7階」詳しくはこちら
・「神保町 鳥海書房さま」(神田古書センター3階)詳しくはこちら
・「神保町 薫風花乃堂さま」(神田古書センター5階)詳しくはこちら

▼オンラインショップではいつでもお買い求め頂けます。

※オンラインショップでは送料(1冊の場合は210円)がかかります。

シェアをお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加